気楽な暇人の適当なアレver.2.0

愚者がゲームしたり漫画読んだり、どうでもいいこと書いたりするブログです。ためになる記事なんて無いです。いや、謙遜じゃなくて本当に。ゲームと漫画ばっかり。。。

愚者の観光シリーズ

愚者の観光~境台場公園~

境台場公園

花粉症を我慢しつつ、桜を愛でに行った愚者です。しかし、ただ近場の桜を見てもアレなんで、今回は境港の方まで足をのばしてみました。

DSC_0122

境台場公園前にあるマップ。ちなみにこの台場公園は、あのベタ踏み坂のCMで有名になった江島大橋ではなく、境水道大橋の近くにあります。てか、江島大橋は別にベタ踏みじゃなくても・・・
天気が良ければ大山も見える~

DSC_0075

ちょうど桜まつりの時期だったようで、平日だったのにそれなりの人・・・これ休日はかなり混んでるんだろうなぁ。

DSC_0070

境港灯台。中に入れますし、上の階までいけます(最上階は危険だから無理ですが)。ここから観る景色は中々いいものですよ。

DSC_0064

DSC_0065

画像じゃあまり分からないけど、風が吹くと・・・所謂桜の波ですよ。うーん、来てよかったね。

DSC_0072

DSC_0073

慰霊塔。この慰霊塔は「美保関事件」、昭和2年に美保湾沖で行われた連合艦隊大演習の際に、軽巡洋艦「神通」と駆逐艦「蕨」、軽巡洋艦「那珂」と駆逐艦「葦」の二重衝突事故による「蕨」と「葦」の殉職者たちのために建てられたものだそうです。最近、何かと話題の戦艦ですが・・・こういうのを見ると、なんというかね・・・知識無いけど。。。

DSC_0121

ついでに、台場公園出てすぐそこに水産庁の漁業取締船「りあす」がとまっていました。白くて綺麗な船ですな~
実は台場公園すぐ隣の「日本一の魚のはく製水族館」にも行きましたので、またいずれか・・・

そういえば、艦コレって艦隊コレクションの略なんですね。戦艦コレクションだと思ってたわ(笑)だって、プレイしたこと無いし!仕方ないね。。。

愚者の観光~美保関~

遠いな~

天気が良かったので海を見に行った愚者です。ここ島根は形は細長く、海の幸山の幸も豊富です。
で、あまり行ったこと無い美保関(みほのせき)へ今回は行ってきました。

DSC_0462

今回のルートは、境港から写真の境水道大橋を渡って東の方(美保関方面)へ向かいました。大きいな~もっと良い場所から撮れば、この橋の良さがもっと分かるはずなのにな・・・
写真には撮っていませんが、境港にはもう一つ大きく有名な橋「江島大橋」があります。その江島大橋は『プレストレストコンクリートラーメン構造』という造りの橋で、この構造の橋の中では世界で3番目に大きい橋のようですね。ちなみに「ラーメン」とはドイツ語で骨組みという意味だってwiki先生が言ってた。
境港行ったら、この二つの橋は見た方が良いです。見て文句言われても困るけど。

DSC_0463

美保関町マップ、結構細長い町です。今回は行かなかったけど、七類という所にはメテオプラザと言う建物がありまして(隠岐行きフェリー乗り場でもある)、そこには隕石の展示やら、リラックスルーム、温水プールなどがあります。温水プールは、ここらで一番安いかもしれん。

DSC_0465

誰でも知ってる恵比寿様ですね。

DSC_0467

海には境港へのフェリーが見える。。。もっと近づいた時に写真撮れば良かったな(笑)
今回は美保関の東の果てにある灯台を目指していますが、途中にはいくつか神社が存在します。三保神社という神社があるのですが、今回は行きませんでした。結構良い雰囲気の神社なんですけどね。
今回はもっと大きな神社

DSC_0468

美保神社にやってきました。ここ美保神社には駐車場はあるような無いような・・・海沿いの波止場あたりに他の車同様に止めておけばOKです。え?五本松公園はどうしたって?ちょっと登る体力は無かったもので・・・
で、この美保神社。そこそこデカイ!
何しろ3385社もある事代主神系えびす社の総本社ですからね~

DSC_0469

(島根にしては)人が多いです。てか、神社周辺は旅館が多いですね。あと、イカ焼きの出店多すぎだろ・・・

DSC_0470

立派じゃのう。

DSC_0483

こんな感じのお守りが1000円で売っています。初めて観る方は「ふざけてんのか・・・」って思われるかもしれませんが、水産や海運のえびす様ですし。。。

DSC_0484

裏にはしっかり美保神社の名前とマーク。愚者の運勢もアップしますように。。。

DSC_0471

こんな裏道も良い感じな美保関。田舎の良い処がよく出てる気がするね。多分。
で、参拝も終わり灯台へ。

DSC_0473

遠くに見えるが美保関灯台。遠くっつっても歩いて2分あれば着く。ちなみに車はこの美保関灯台駐車場までしか進めません。
うーん、落ちたら遭難するなー

DSC_0474

DSC_0475

美保関灯台!建物には入れません(当然ですね)。
ビュッフェも近くにあり、食事が出来るようですね。境港で寿司食べた愚者には関係なかったが。。。

DSC_0476

海は広いってのがよく分かる。

で、ここから一気に北西の七類へ向かい、そこから海沿いを西へ行きます。すると見えてくるのが北浦海水浴場。

DSC_0477

まるで盗撮だぜ・・・!写真でも分かりますが、結構綺麗な海です。ここら辺は何箇所か海水浴場がありますので、子供には良い処です。どこも綺麗ですしね。

DSC_0478

爾佐加志能為神社カッコいい名前。

DSC_0479

拝殿。何か日光で変な写真になってしまった。。。

DSC_0480

この神社から見える景色は素晴らしいね!夏って感じがして。

DSC_0481

築島。
やっぱり海沿いは夏に限りますな~車で走るのも気持ちいいです。
ちなみにここから西にずっと行くと原子力発電所へと着きます。それがまた山道小道になるんだなー・・・慣れてない人は酔う。しかも結構長い。てか、慣れてない人は走らんわな(笑)

イカ焼き食えば良かったな~

愚者の観光~松江城~

この時期くらいしか紹介する時が(ry

天気が悪くなる前日に花見してきた愚者です。あー・・・今日の悪天候で全部散るかもね~。
そもそも愚者は花粉症やら何やらで、花見自体したくはないのですが・・・マスクすげー!全然くしゃみしないわ!!
まあ・・・そもそも花より団子だから、花粉症が無くても(ry
で、今回は日本の桜百選の一つ、松江城へやってきました。6年振りくらいかな~
全国の12天守の一つがこんな田舎にあるなんて・・・

DSC_0368

まずは西側の入り口近くの桜。見事に満開です。
花より団子とは言いましたが、綺麗なモノは綺麗でして、見てて心に悪いモノじゃないですわ。

DSC_0370

こういうのしだれ桜って言うんでしたっけ?まだ満開じゃ無く、ピンク色が強い感じですね。

DSC_0371

城跡にある、松江護国神社入り口。明治維新後の戦争などの出雲国出身の英霊が祀られています。

DSC_0373

城跡内にある謎の白い建物「興雲閣」。小さい時から一体何の建物なのかサッパリわかりませんでした。てか、子供内ではホワイトハウスって言ってた(笑)
天皇御宿所のようですね。現在は郷土館として残っているようですが、どうやらここしばらくは閉館しているようです。

DSC_0374

松江神社。観光客は大抵城にしか用は無いので、ガランとしています。御祭神は結構豪華なんですけどねぇ。。。

で、何時になったら天守は出てくるのかと、

DSC_0376

松江城天守!桜もよく咲いてます!ここがやっぱり一番の撮影スポットですね。観光客もこの時期は(この時期くらいしかと言ってもいいが)結構多いです。
金を払えば城の中にも入れます。が、面倒なのでパスしました。

DSC_0382

代わりに石垣を。人柱伝説とかもあるようです。
まあ、観光客の方々から「何、この人石垣撮ってんの・・・」みたいな目でみられました。

DSC_0378

天守近くには茶屋もあります。松平不味公も有名ですからね~お茶美味しい。

DSC_0385

武者もいます。老若男女構わず気さくに話しかけてくれます。まあ、そこら辺の道路でもたまに武者やら忍者やらおるしな・・・(勿論、そういうPR的な仕事で)

DSC_0389

桜ばかり撮ってもあれなので、鳩も。餌付けされているので、人がかなり近づかないと逃げません。てか、そばをうろちょろして今か今かと餌を待っています。

桜もきれいですが、城跡のまわりは堀川が流れており、遊覧船なども人気です。炬燵もあるしね。
まあ、二回しか乗ったこと無いけどね(笑)
もし訪れましたら、城を見回った後に是非とも乗ってみてはいかがでしょうか。

西側に店頭で団子を焼いている店があるのですが・・・うーん、食べときゃよかった(笑)

愚者の観光~大平山編~

山だ!

天気が良かったので山に登ってきた愚者です。ここ数年、登山での遭難が多いじゃないですか・・・だからね?行ったわけですよ(理由になってません)。
まあ、そうは言っても運動不足な愚者には山陰にある有名な山、三瓶山や大山、琴引山、ましてや青野山なんて行けるわけもありません。
なので今回は島根県の島根町にある大平山に登る事にしました!ところで、この大平山と言う名前ですが、全国各地に「たいへいざん」「おおひらやま」と名前は違えど存在します。まあ、どこにでもありそうな名前ですものねー島根にすら5つくらいあるぞ・・・

DSC_0166

今回のコースは新道トンネル(たしかそんな名前)の講武側から登っていきます。このコースがこの山を登るコースの中では一番キツイと思われます。
愚者は今回運動不足を何とかしたいがために10キロの荷物を背負って登りましたが、登山初心者の方は必要最低限の装備で行きましょう。無駄な荷物は本当に無駄です。
ここで、最低限の荷物ですが、とりあえず携行食&非常食、飲み物、カッパ、携帯電話、救急道具あたりは持って行きましょう。てか、ハイキングメインの平た~い山ならまだしも、大きな山に登る際にこれらの装備を持たずに行く方は馬鹿です。
あと服装は上はできれば長袖、下は絶対長ズボンで行きましょう。特にズボンは蛇やらなんやらいますので絶対です!

DSC_0168

中間地点のベンチです。正直この山はそんなに大変ではありません。それに今回はこの山だけを登るので、大体40分~1時間あれば登る事ができます。変なアップダウンも少ないし非常に登りやすい山です・・・が、この地点にくるまでの数百メートルがキツイです。手すりが出てくるってのはそこはキツイってことなんだぜ・・・
運動不足の愚者は当然なんども立ち止りました(笑)こんなことなら10キロの負荷なんて掛けなければとも思いました。
ここら辺はクマがでないのが何よりです。まあ、イノシシとタヌキはいるんだけどね!

DSC_0170

で、山頂。おお、2キロちょいも歩いたのか・・・経験上、登山の長いコースは10~14キロくらいなので1/5くらいな感じですね~少ないっ!!ちなみに枕木山にある廃墟はたまーに心霊スポットとして取り上げられてます。
いやー天気も良くてこんなところでご飯でも食べたら美味そうですね~飯持ってきてないけど。
休日のおかげか、山頂では何人かの登山客と出会いました。

DSC_0169

うーん、もやってて隠岐が見えないなぁ。登山の一番の楽しみは山頂からの景色です。山の天気は冗談抜きで変わりやすいので、カッパは必須です。
と、まあ結局特に理由もなく登ったわけですが・・・膝が!膝がぁ!!
登山で一番大変なのは下りです。ええ、負担が一気に膝にかかりますので・・・

明日筋肉痛になったらどうしよう・・・とりあえず、みなさんグッドライフ、グッド登山で!

愚者の観光~黄泉比良坂編~

読み方間違えないでね!

というわけで、半年ぶりに観光日記です。前回が何も無いただの海だったので、今回はどちらかと言うと山へ行きました。
場所の名前は「黄泉比良坂」です。「よみひらさか」ではなく「よもつひらさか」です。

DSC_0162

場所は地図を描くのが面倒なので・・・9号線を走ってれば看板が見えます!おしまい!!
じゃ、分からないのでもうちょい詳しく。松江・出雲方面から向かう際は山陰道の東出雲ICで降りて、9号線を米子方面へ走っていれば右側に看板があるので、あとは細い道を走ればOKです。あれ?あんまり変わらないぞ・・・
大々的に観光スポットとしてアピールはしていませんし、結構目立たない場所にあるので気付かずにスルーしてしまいがちです。注意ですね。てか、島根に住んでる人も半分以上の方は知らないと思うわ・・・
車を止めれるスペースもあり、ちょこちょこ訪れる人もおられます。常連さんも・・・うーん、何か魅せられるものがあるんだろうなぁ。

DSC_0163

池には鯉が泳いでいます。あと、オタマジャクシらしき生物がウヨウヨいます。この写真だけでも数百匹はいますね・・・

DSC_0164

神蹟黄泉比坂伊賦夜坂傳説地碑です。ちなみに、駐車スペースに車を止めて歩くこと20秒で鳥居をくぐってここまでこれます。
ちなみにここでは無料で黄泉比良坂に関する資料(てか、伝説のお話)が置いてあり、ご自由に持って帰る事ができます。愚者も持って帰ったのですが・・・雨で濡れてもう見るも無残な形に・・・すみません。

DSC_0165

道反之大神と呼ばれている岩です。「どうはんのおおかみ」じゃなくて「ちがえしのおおかみ」です。
はい、先ほどの傳説地碑の近くにあります。そして、これでお終いです。
で、この岩は一体何なのかを簡単に説明すると。

~黄泉~
イザナギ「好きだから迎えに来たわwww」
イザナミ「ちょっと帰っていいか聞いてくるwwその間こっちみんなよww」
イザナギ「ってwwwおまwww何その姿wwwやべぇwww」
イザナミ「見んなっつったろwwwもう許さねえwww」
イザナギ「ちょwwwやべwww逃げろwww」
で、イザナミがおっかけて来ないよう、黄泉への道を封じるためにこの岩で塞いだというわけです。まあ、こんな糞みたいな説明よりも詳しく知りたい方は、自分で調べてください(笑)

まあ、ここで見るモノと言ったら、この「道反之大神」と近くにある桃の木の「意富加牟豆美命」(おほかむずみのみこと)しかありません。それが良いんですよ。
特に面白いモノがあるというわkではありませんが、日本神話が好きな方なら問題ないと思います。島根は神話の宝庫だぜ・・・!
黄泉比良坂に来たらちょっと離れたところに揖夜神社があるので、そこにも行ってみたら良いですよ。

神秘的って良いよね。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンターです。訪問ありがとうございますです。
こんなブログですが適当に閲覧したり、適当にコメントしてくださると有難いです。ぐしゃー

最新コメント
Twitter プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 愚記262「春愚者編」
  • 愚記261「ねんねん年末と愚者編」
  • 愚記260「布団あったかいから愚者編」
  • 愚記260「布団あったかいから愚者編」
  • 愚記260「布団あったかいから愚者編」
  • 愚記260「布団あったかいから愚者編」
  • 愚記259「大乱闘愚者編」
  • 愚記258「第二部 完編」
  • 愚記258「第二部 完編」
  • 愚記258「第二部 完編」
  • 愚記257「眠くて眠くて編」
  • 愚記257「眠くて眠くて編」
QRコード
QRコード
18禁ゲームバナー
応援中。18禁ゲームのサイトですので自己責任でよろしくお願いします。

『しゅきしゅきだいしゅき!!』応援中! アストラエアの白き永遠 応援中!! ちっちゃらぶアパート 『セミラミスの天秤』6月27日(金)発売 I.D. - 『ラブリレーション』 『恋愛リベンジ』2014年6月27日発売予定 『ゆめみがちーく』2014年春発売予定 『花嫁と魔王 ~王室のハーレムは下克上~』応援中! 戯画『ハーヴェストオーバーレイ』応援中! 『にいなちゃんLovely Life』 支倉 ゆりこ 恋DOKi - ETOILES
  • ライブドアブログ